読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王のこととか

遊戯王のことについて書いていきます

【ネタバレ注意】『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』 感想

ネタバレ注意です
まだ観てない方は劇場へGO!














何回か見ていると思うところが多かったので感想とかほんわりと書いていきます。
(大したことは書きません)

1回目を見終わったときはただ海馬のノリに圧倒されてました
最後のシーンでは、色々と異次元のお方になられていて唖然。

でもモンスターの演出がかっこいいしストーリーはある意味クセになるしでまたみたいなって思(以下略)

そして計3回見ました。
思ったのは結構小ネタが挟んであるなということ

・藍神vs遊戯で遊戯が試合を制した時の顎

・《ブラック・マジシャン・ガール》がバニラになってたり(墓地にブラマジいるのに攻撃力2000)
(海馬のライフを2500に調整するために省略したのかもしれないですね)

・本田がデュエルディスク直してた広場のディスプレイに映ったアイドルの中にバクラファンクラブの子がいたり?とか(あんまり自信ない)

個人的好きなシーン

・藍神vs海馬で藍神が《方界降世》を使ったときの《カオス・ソーサラー》みたいなポーズ
空手に例えると天地の構え(?)
次元領域デュエルにおいて、気を練ることはモンスターのステータスアップに繋がるので必要な動きだったのかもしれないですね。
(出してるの攻撃力が元々0のヴィジャムだけど)

・アテムが復活しなかったときの海馬の目
悲しいの頑張って我慢しててかわいいってなりました。

・《パンデミック・ドラゴン》の効果を使ったときのSE
もやっとボール投げたときですね
地味に好きな効果音です。

・モンスターではない、神だ!!!!
ここみんな好きでしょ
モンスターは生け贄無しで召喚できるけど、神だからブルーアイズを生け贄にして出てきたのかも?



☆海馬vs遊戯(海馬ランド)
にて、海馬が《高速詠唱》によって遊戯に渡された《死者蘇生》を発動したシーン

別に海馬は《高速詠唱》をすぐに発動しなくても返しの自分のターンもしくは遊戯が発動するであろう《ファイナル・ギアス》にチェーンすれば有利な状況を作れたと思うんですよね

でもそれはあのタイミングでの遊戯の挑発
(アテムが復活しないことを明かす)
によって海馬を激昂させ《高速詠唱》を発動させたのかなとか思ったり
心理戦を制したのは遊戯ってことですね。

そこからブラマジの攻撃が通って海馬のライフが100で止まり
(海馬の残りの伏せによるものか、藍神の乱入によるものかは不明)
試合が中断したので試合を制したのはどちらかはわかりませんが。

藍神vs海馬で藍神はヴィジャムの効果による「アン・ディメンション化」戦法を使いましたが、
藍神vs遊戯で使わなかったのは、それぞれのプレイヤーの戦略に合わせていたのかもしれないですね。

現に遊戯はディメンション・トラップ・ピラミッド(アン・ディメンション化に有利なコンボ)を使っていたので。


f:id:tel_Inzektor:20160519131037p:plain
(マリオの敵「イワンテ」)
藍神(千年リング)みてるとこいつ思い出します





個人的にTDODはかなり面白かったと思います!
モンスターの演出がアツい!

後2回は見れますね()