読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王のこととか

遊戯王のことについて書いていきます

ペンマジと強化蘇生

甲虫装機のこと書けよって感じですね

今日は《EMペンデュラム・マジシャン》と《リビングデッドの呼び声》などの蘇生系カードの組み合わせについて話します

《EMペンデュラム・マジシャン》をエクシーズ素材とし、次ターンに《EMペンデュラム・マジシャン》の効果を使用する場合は、
自身の効果で手札に加えた《EMモンキーボード》と《EMドクロバット・ジョーカー》
などの効果を使い、再びデッキから《EMペンデュラム・マジシャン》を手札に加え、P召喚することでさらにデッキを回転させることができますね。

ここで注目したいのが《EMペンデュラム・マジシャン》はP召喚のみならず、「特殊召喚で効果が発動できる」
という所です。

《ペンデュラム・アライズ》などで特殊召喚するのは有名ですね。

ここでイチオシなのが《リビングデッドの呼び声》《強化蘇生》等の蘇生系永続罠で《EMペンデュラム・マジシャン》を蘇生させることです。


~メリット~
・永続罠なので《EMペンデュラム・マジシャン》の破壊対象に選択できる。
・相手ターンにも《EMペンデュラム・マジシャン》の効果を起動でき、性能をフル活用できる。
・【AF】などのテーマとの兼ね合いが良い。
・《EMペンデュラム・マジシャン》を墓地に送るギミックとの相性が良い。
・《EMペンデュラム・マジシャン》をEXデッキに送りやすくなり、次ターンのリソースを余裕をもって確保できる。
・オシャレ

~デメリット~
・《サイクロン》《ツインツイスター》などで目論みが台無しになる。
・罠カードであることで、高速系のデッキに対して遅れをとる可能性が高い。
・初動として使える場面が少ない。


あとはブラフになったりナチュビやイグニスターPを蘇生したりなんやかんやできますね。

《EMペンデュラム・マジシャン》を何かしらで出せる状況にしなければいけませんが一度蘇生が成功したらアドバンテージは取り放題です(元から?)

戦略としては《EMペンデュラム・マジシャン》の効果で次のターンに備え《EMモンキーボード》と《EMドクロバット・ジョーカー》を加えていたところ
《EMリザードロー》《EMギタートル》の二枚を加え、罠などの妨害札を引き込みつつ
自分のリソースは《リビングデッドの呼び声》等で相手ターンに確保!
みたいなことができるとかっこいいですね。

ドロー大好きですはい。




世の中には【AFEM】なんてデッキもありますからエンタメイトってすげえなってなりますね

ギタードローで神智を引き込むのが楽しそうです。
ちなみに永続にこだわらないなら《ペンデュラム・リボーン》というカードもあります
こちらはEXデッキからでも特殊召喚が可能で、通常罠なのでさらに奇襲性が高いですね。

最後にそれぞれの特徴でも書いておきます

リビングデッドの呼び声
・蘇生永続罠における無難マン
墓地に行ってしまったエクシーズ、シンクロモンスターなどを復活させる王道の利用法も可能。
ペンマジで破壊すると、即座にペンマジをEXデッキに送り込め、次ターンに即P召喚できたりします、
二枚破壊してドクロヘルプリンセスという感じに手札に加えておくと、場に残らないというデメリットも気にならなさそう?
《強化蘇生》
・甲虫装機民みんな大好き強化蘇生
ペンマジで強化蘇生を破壊すればレベルが上がるデメリットは消すことができます、
さらにペンマジを場に残すことかできる!強い。
出せる範囲はリビングよりも狭いので迷うところ。
《竜魂の幻泉》
リビングと少しかわって
・守備表示で特殊召喚する
・群雄割拠をくらいやすくなる

なんてかんじなので
お好みですね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。