読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王のこととか

遊戯王のことについて書いていきます

甲虫装機の構築

最近EMEm使ってお猿さんしてました
ですがそろそろお休みです。

甲虫装機に力を入れていきたいと思います。
そこで一度採用カードについて考察を

・メインギミック
《甲虫装機ダンセル》×1
甲虫装機の代名詞ともいえるカード、
入れない理由はありません。

《甲虫装機センチピード》×3
同上。

《甲虫装機ホーネット》×3
皆様の必死の訴えにより無制限カードに。
今でも十分強いカード、2にする理由は特に見当たらないので3

《甲虫装機グルフ》×3
グルフに関しては2構築もよく見かけますが、センチダンセルを引いたときにホーネットかグルフは必ず持っておきたいので3、
ヴェーラーが流行っているので孵化を採用する可能性が高く、その場合はもちろん3です。
3枚目はサイチェンで抜く候補にもできます。

《甲虫装機ホッパー》×2
ホーネットが増えたので手札にいて役割もなく腐ることが減ったのが甲虫装機の下級全てに言えますね、
そう考えると昔と比べ、それほど「引きたくない」カードにはならないのでは、
しかし基本的に1枚はデッキにいて欲しいので2枚が無難。
ダンセルが回っているときに使うイメージが強いですが他の場面でも活躍してくれます、
《闇の誘惑》の除外される候補。

《甲虫装機ギガマンティス》×1
EM甲虫装機では2枚構築でしたが、純であれば、ゼクトキャリバーと1:1の方が良いかも。
《No.16色の支配者ショック・ルーラー》(魔法宣言)や
《No.106巨岩掌ジャイアント・バンド》等を、《幽鬼うさぎ》《エフェクト・ヴェーラー》を無視して倒しに行けることから、2枚構築もそれとなく推してます。
《闇の誘惑》で除外せざるを得ない状況もよく起こるのですが、2枚構築ならそれもあまり気になりませんね。

《甲虫装機ギガウィービル》×1
ギガマンティスに比べると戦闘面においては少々不安が残りますが、対彼岸での守備2600は相当突破が面倒なのでは。
もちろんランク6が絡む展開では最重要ポジションです、
今の甲虫装機はギガウィービル無しに語れません。

《甲虫装機の魔剣ゼクトキャリバー》×1
テキスト確認率100%のカード
展開のために使ってもよいですが、なるべくエクシーズ+ダンセル(センチ)キャリバーという布陣を目指したいですね。
ギガウィービル、ゼクトキャリバー共に素引きは極力控えたいので1枚です。

計15枚をメインギミックの必須枠として考えていきます。

今日はここまで!
【手札誘発、魔法と罠編】へ続きます。