読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王のこととか

遊戯王のことについて書いていきます

51EMEmについて

f:id:tel_Inzektor:20151105185658j:plain
ついにこの前EMEmデビューしました(ペンマジは韓国版)

実績は公認三回全部優勝()
ここからステップアップしてCSでも勝てるようにしていきたいですね(あまり出る予定ないけど)

51EMEmの51はズバリデッキ枚数
昨今のデッキにおいて枚数を増やすことはデメリットもあるけどメリットも大きいと考えてます

デメリット
・キーカードを引きにくい
デッキ枚数が増えるので当然強いカードも引きにくいです。
よく指摘されます

・特定のカードの組み合わせ(コンボ)が成立しにくくなる
デッキの増やしかたにもよるけど役割Aを担ってるカードと役割Bを担ってるカードが同士に揃う確率が減ります(例:ラスターヒグルミなど)


メリット
・リソースが増える
デッキ枚数が多ければそれだけ長期戦でも有利に働くことが多いです。

・「被り」の確率を減らせる
引く確率も減りますが同じカードが被る確率も減らせます
(例)手札誘発9枚を初手5枚に持っている確率
40枚構築→74%(一枚のみ43.04%二枚以上39%)
51枚構築→64%(一枚のみ42.88%二枚以上21%)
こんな感じで被る確率だけ減らすことができます
目から鱗って感じですね
手札誘発以外にも同じことが言えます。

・引きたくないカードを引かなくする
どうしても「素引きが弱い」カードってありますよね
(例)《フレシアの蟲惑魔》で落とすことが前提の《奈落の落とし穴》や《狡猾な落とし穴》など
特定のカードを引く確率が減るわけなので引きたくないカードを引く確率も減ります

何事も前向きにとらえていきます。

他にもありそうですが今思い付くのはこんな感じです

ちなみにEMEmで安定した初動とも言える《EMドクロバット・ジョーカー》や《EMモンキーボード》を引く確率も10%ほど落ちますのでデメリットとメリットは分けて考えた方がよさげですね

まあその辺引けなくてもデッキは回るっちゃ回るんですけどね!
他にも強い動きはいっぱいありますし。

ちなみに手札誘発と《時空の落とし穴》《奈落の落とし穴》を抜くと40枚ぴったりになります、偶然です。

デッキを見ればよくわかりますが結構後攻に寄ってる構築です。
EMEm始めたばかりなのに先行で蓋&蓋みたいなのはあまりやりたくないなっていうのがありますね。
「他のデッキが先行取りたがってて後攻取りやすいし最初から後攻に寄せていくか」みたいなもっともらしい理由置いておきます。

とりあえず「デッキを増やすことはそんなに悪いことではないんじゃないかな」というお話でした
(身内に猛批判されるので)

ご意見あればコメントにて🙋🙋